【乃木坂2020 『集計』ライブで最も歌われたのは『あの曲!?』】2021におすすめできる楽曲!

乃木坂46
スポンサーリンク

『2021年の乃木坂46でも活躍する楽曲!真のおすすめの曲とは!?』

どんなライブがあり、どのような曲が披露されたのか!?

2021年、年始の今!
紅白を見て感動した「乃木坂ファン」も、
そして2021年に乃木坂が好きになったあなたのためにも、
『2020年に最も披露された楽曲』
を一覧に今回は集計をした。

1位の楽曲は「乃木坂46の長い歴史で最も重宝された楽曲」となったが、
2位以降の楽曲にも目を配り、
「2021年の乃木坂46」を一緒に考えてくれることを
期待します!

MVもつけておきました!

<span class="fz-12px">しちょ</span>
しちょ

今年のライブ事情は
2019年とは、
全然違ったんだな!

より、2021年の乃木坂46が楽しみになることだろう!

ランキングは後ほど!
まずは、前提と所感から!

集計対象ライブ

2020年開催のライブから主要なものをピックアップ!

・NOGIZAKA46 Live in taipei 2020
・乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE
・幻の2期生ライブ
・乃木坂46時間TV「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」
・NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert 〜Always beside you〜
・乃木坂46 4期生ライブ 2020
・乃木坂46 アンダーライブ2020

8ライブ、12days
全『403曲』
を集計対象とした。

今年は「オンライン」でのライブも目立った一年だった。

ランキング初感(2020年の乃木坂ライブ事情)

・コロナ禍で多くのライブの開催が見送りに。

・その中、全日開催となった「アンダーライブ」

オンラインライブも開始!「3期生」「4期生」のライブも!

2021年、最もこのランキングに影響を与えたこと。

真夏の全国ツアーなど、
『選抜』のライブ
が続々と非開催となった

よって、選抜曲でない
『アンダー曲』
日の目を浴びるランキングとなった。

メディア露出を牽引する「選抜」に対し、
2020年の乃木坂のライブを牽引したのは
「アンダー」
の存在だと言っても過言ではない。

とても楽しいランキングとなった。

アンダーなど、
メディア露出のないメンバーの方が特に
直接見る機会を多く与えてくれた2020年。

それでは、早速ランキングの方に移ろう!

乃木坂2020 最も歌われた曲ランキング

1位 『乃木坂の詩』 披露回数 7回

乃木坂46 『乃木坂の詩』Short Ver.

乃木坂46ファンなら納得の一曲であろう。

選抜のみならず、アンダー含めた
「ほぼ全てのライブで披露される曲」である。

なお、シングル表題曲ではない。

2位 『ガールズルール』 披露回数 6回

乃木坂46 『ガールズルール』Short Ver.

ライブで盛り上がりたいなら、必ず知っておきたい楽曲!

こちらはシングル表題楽曲であるが、
選抜のみならず、他でも歌唱が見られた。

3位は「4曲」! 披露回数 5回

『ここにいる理由』

乃木坂46 『ここにいる理由』Short Ver.

アンダー楽曲である。
こちらはシングルカップリングであるが、
そのシングル『夏のFree&Easy」の発売からは
6年が経っている。

アンダー とは

わかりやすく表現してしまうと
「シングル表題曲の歌唱メンバーに選ばれなかったメンバー」
で構成されるそのシングルのグループのこと。

そのグループで歌われるシングルのカップリング曲を
「アンダー曲」という。

なお、「アンダー曲」にも熱烈なファンは多く、
人気楽曲も事実、多数ある。
アンダーメンバーが出演となる
「アンダーライブ」は
その時だけのフリなど、
普段では味わえない感動があるライブであり、
こちらも大人気のライブである。

『自惚れビーチ』


(MVはありません)

こちらもアンダー楽曲からのランクイン。
アンダー曲を集めた「ベストアルバム」で収録された楽曲

『嫉妬の権利』

乃木坂46 『嫉妬の権利』Short Ver.

5年前の2015年リリース、
13枚目シングル「今、話したい誰かがいる」
カップリングのこちらも
「アンダー曲」である。

『裸足でsummer』

乃木坂46 『裸足でSummer』

2016年の夏のシングル

現在では人気メンバーとなった
「齋藤飛鳥」初のシングル表題センター曲である。

7位以下は一覧で!(披露回数 3回以上)

順位曲名披露回数
7位アンダー4回
命は美しい
インフルエンサー
生まれたままで
おいでシャンプー
滑走路
君の名は希望
君は僕と会わない方がよかったのかな
Sing Out!
13日の金曜日
自由の彼方
制服のマネキン
扇風機
~Do my best~じゃ意味はない
誰よりもそばにいたい
日常
ハウス
ブランコ
初恋の人を今でも
風船は生きている
夜明けまで強がらなくていい
別れ際、もっと好きになる
29位あの日、僕は咄嗟に嘘をついた
新しい世界
狼に口笛を
きっかけ
気づいたら片想い
君が扇いでくれた
口ほどにもないKISS
Threefold choice
サヨナラの意味
シークレットグラフィティー
シンクロニシティ
せっかちなかたつむり
その女
そんなバカな…
三角の空き地
渋谷ブルース
ダンケシェーン
涙がまだ悲しみだった頃
バレッタ
左胸の勇気
春のメロディー
走れ!Bicycle
不等号
My rule
まあいいか
ロマンスのスタート
流星ディスコティック

(同順50音順)

黄色下線はシングル表題曲)

ランキングを受けて、2021年の乃木坂46はどうなるのか!?

・引き続きの「コロナ禍」により、
選抜メンバーが直接ファンの前に現れるイベント
今年通りほぼなくなるだろう。

「アンダー」などの「非選抜メンバー」には、
オンライン特典会から握手会、ライブなど直接ファンと関わる機会がつくられ、
活躍の場が確立していくであろう。

「東京オリンピック」をきっかけに、
アイドル文化が世界に広がる可能性がある1年となるだろう。

・夏のライブ開催は「コロナ」and「オリンピック」で厳しいか!?
期待できるのは「クリスマス!」

来年は、東京オリンピックの開催が期待されている。

ライブの開催厳しくない!?

オリンピックの開催が見送られた場合は、
より一層、ライブの開催も厳しくなるだろう。

逆に、「選抜」「アンダー」はどちらとも、
役割が確立してくることも考えられ、
どちらの存在も、今まで通りどころか、
それぞれヲタク、ファンのニーズに沿った
グループ展開
が期待できるだろう。

Hulu公式HP 〜乃木坂46映像作品も今なら2週間無料で!〜

また、ワクチンの開発も刻々と進み、
2021年末には「コロナから2年」が経過する。

ワクチンの普及も始まれば、
ライブの再開も開催も期待できるだろう。

そうなると12月「クリスマスライブ」の有観客ライブが期待できるかもしれない。

そこまでにできる準備をしっかりしておこう!

2021年はより、ファンのニーズにあった
多種多様なサービス展開が期待でき、
そこには「選抜」と「アンダー」でそれぞれの役割が確立されていくだろう!

また、「コロナから2年が経つ」年末には
有観客ライブが期待できる。
今できる準備をしっかり!

まとめ 2021年乃木坂予想!

・裸足でsummer、ガールズルールなど、
「シングル表題の上位曲」は来年も披露の機会が多くある。

・アンダー楽曲でも、
「ここにいる理由」「嫉妬の権利」
は発売から何年も経っている
「年季の入った人気曲」である。
引き続き披露の機会は多いだろう。

・紅白での披露楽曲「Route 246」はランク外となったが、
来年は著しい活躍が期待できる楽曲なので必ず知っておこう!

2020年には「感染症」という存在で、
アイドル業界も大きく変化があった年であった。

2020年は…

・「会いに行けないアイドル」へと逆戻り。

・時代の進化を取り入れた、
「会えなくても充実できるアイドル」へ。

そんな中、変化に対応できなかったアイドルが、
姿を消した一年でもあっただろう。

そんな中、「乃木坂46」は今年も大きく活躍し、
国民的アイドルの位置をより一層確立した一年となった。

そこには、「変化」と「対応力」があったからである。
今年も新しい乃木坂46の形に期待である。

2020年、大きな「変化」に「対応力」で応えた「乃木坂46」

そして2021年、そのグループの「ライブ」は引き続き楽しみだ!

乃木坂46 『Route 246』Teaser

コメント

タイトルとURLをコピーしました